もっぱら山本さん家の耕史くん・KD earth・舞台鑑賞な~んかをのんびり語る不真面目飛び石日記


by rrryoryo1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

五稜郭から戻りました。

いってきました。はるばる函館へ。でも飛行機だと一瞬だね。ビューンだよ。ビューン!
文明の利器を利用するたんびに、船で渡航したかつての一同がしのばれます(: :)


さて、お仲間との函館旅行、たーーーのしかったよーーー!!ただいま!
(とかいいつつ、もう水曜やん。^^:)
ちらほら桜もまだ咲いてて、やっぱり北なんだなぁ・・・・としみじみ。
しかし、全く厚着は必要なくって。ほんとに服装って難しいよー。
そば屋でセーター捨てました!ごめん、そば屋のおばちゃんっ!
暑かったんだよ、重かったんだよー。すみませんー。


金曜からの雨も心配だったけど、土日は天気にも恵まれ、本物の副長もご満悦ではないでしょうか。素敵なお祭りでした。五稜郭祭初心者の私だけど、ほんと行ってよかった!!!
友よ、ありがとーー!
函館スタッフ、山本ファミリー(+大ちゃん(笑))おつかれさまーーー!!
(そう、コッソリ言うと、大ちゃんがいらっしゃいました。ってもう自分から発表されましたけど)
がんばってましたよ!函館スタッフ本部の方々!〈誰に報告(笑))

健ちゃんは東京でお留守番ライブしてらしたようですね。
耕大は飲める仲間だし、夜は飲んだのかなーー?????
飲んだんだろうなぁぁ。ぷ。(想像)


今回、よっこいせ!って重いお尻を浮かして行けたのも、素敵なお仲間がいたからなんだよなーー。やっぱ、お仲間とのワイワイワチャワチャ、楽しすぎー!


んで、とりあえず、まーもう既に周知の事実だけですが、思い出記録ってことで。
なんせ、最近物忘れが激しくて。。いろいろ遠征しまくるから?(笑)
来週も東京のどっかに出没します。えーーーー大丈夫なんか、私(汗)





お祭りは、土曜の午前中から日曜の夕方まで。
意外や、意外、タクシーのおっちゃんに「祭ってなにがあるの?」とか聞かれたよ(汗)
なにーそんなもんなの?

いや、単に勉強不足なタクシーの運ちゃんってだけだよね?ね?(^^:

やっぱりまずは碧血碑へ! 着いたら既にすんごい熱気。
10時半あたりの時点で、スタッフが「220名だわー」とか言ってた気がする。
だから最終はもっと増えたかしら?

カメラもった人たちがいっぱいの中、でっかい音響のステレオ抱えて現れたスタッフのおっちゃん。わざわざボリューム上げてくれます(笑)ああああ。鼓笛隊。
この曲、辛いんだよ。


モミクチャになるのかなーーっていう心配もそこそこに、結構すんなり法要は終わりました。
20分間位だったかな。
法要は耕史くんも、周囲の人も、もちろん神妙な面持ちでした。
ここに、あの時亡くなってしまった隊士たちの魂が眠ってるんだな。。。普段はヒッソリ佇んでるのが容易に想像できるだけに、今回のこの賑やかさが逆にとても心に響きます。

大砲の音や歌や鼓笛隊の音が響く以外、静かにうつむいてる参拝者たち。
でも、一度だけ大ちゃんと顔を見合わせて、ぷっって笑ってた耕史くんが見えたよ。
仲良しさんを見るとこっちまで嬉しくなるんだよ、何これ?(笑)

私の周囲にいた方も、とても真面目な面持ちで。やっぱり新選組が大事なんだよね。
こういう事にぐっときます。

ええ、耕史さんの登場の時は「キャーーー☆☆」って黄色い声が上がってたけどね☆






最期の碑でも神妙に。
あ、やっぱり一回だけ「ぷっ」って笑ったのが見えました。
耕史くんが式典でお供えする用の花束なのに、渡さずに本人の前を横切っちゃったオッチャンがいたらしい。(ごめん、そこは見てなかったんだけど)
やっぱ、「ぷっ」って吹いてたのが印象的ー!だってその他はずっと神妙ですから。
たまにキッと睨んだような顔をした瞬間あったんだけど、とってもかっこよかった☆
(あ、睨んだように見えただけですからー勝手な判断です(笑))

逆に翌日のパレードは、それこそ満面の微笑み王子(笑)が船の上から手を振っておられましたヨ。白いシャツがまぶしくって☆
黒いビロードぽいパンツと、白いシャツが副長らしくって良かったよ~。
髪型が超キマッってました。カズ君居たの?まさかぁ~(笑)



そんなこんなな旅でも、函館観光もしましたよ(当たり前じゃー)
函館の夜景を友と見て、感慨にふけり(笑)、あ、そうそう赤レンガ倉庫も見てきた。
というか、あそこはショップばっかだね。
金森ホールは見なかったわー。(私信だな、こりゃ^^:)

あ、新タワーも登った!!前の低いタワーよりすごく近代的で内装が美しい!
上から覗く五稜郭はかくも美しい星型でした!
でも、私はあの低いタワーも、大好きだったなーーー。しみじみ。
旧タワーにも、おつかれまでした~と言いたいです。(写真)
f0050217_18431361.jpg

安くて美味しい海鮮に舌鼓をうって、函館とおさらばいたしました。

耕史くん、函館のスタッフのみなさん、おつかれさまでしたーー!というとこで締めたいけど、

ちゃっかり男前な函館スタッフ(名づけてAD土方(笑))もお祭で見つけちゃってさ。
お仲間と「くわっこいいなー!」と連発してました。
おわり。

(ここで終わりかい)


(追記)

あ、そーいえば、コンテストもかっこよかったですよーー。((なんつー報告じゃ。)
組んだ足が超なげーー!
[PR]
by rrryoryo1031 | 2006-05-24 18:43 | 山本耕史